So-net無料ブログ作成
検索選択

全米を覆う「私は惨め、それで何が悪い」 [濫読日記]

全米を覆う「私は惨め、それで何が悪い」

 「ルポ トランプ王国―もう一つのアメリカを行く」(金成隆一著)

トランプ王国.jpg 今朝(228日)の新聞で、トランプ米大統領がアカデミー賞授賞式でさんざん皮肉られたことが伝えられた。メディアの選別、移民の排斥をはじめ、多様性を認めない姿勢への批判である。アメリカは英国から独立する際、自由と可能性の国を旗印にしてきた。その国で、どうしてこんな政権が生まれたか。
 もちろん、これはトランプ個人の資質によるというより、アメリカが置かれた窮状がもたらした結果であろう。では、アメリカが置かれた状況とは何か。それを探ったのがこの書である。
 あるトランプ支持者が書いたアメリカの地図が出てくる。粗雑な地図だが、言おうとすることはわかる。アメリカの中央部、かなり広い範囲がぐしゃぐしゃと塗られている。著者によると、赤(=共和党の色)で塗られている。東と西の海岸部は別のトーンになっている。おそらくそこは青(=民主党)で塗られている。地図の書き手は、こういう。
 ――大陸の真ん中が真のアメリカだ。鉄を作り、食糧を育て、石炭や天然ガスを掘る。(略)もはやオレたちはかつてのようなミドルクラスではなくなり、貧困に転落する寸前だ。今回は、真ん中の勝利だ。
 トランプ政権を生み出した心情が、この言葉に集約されている。
 著者はまず、2016年と2012年の大統領選結果を見比べる。前回、共和党が負けて今回勝った州が六つ。そのうち、フロリダを除く5州には共通項がある。ラストベルト(錆びついた工業地帯)であることだ。労働者が多く、元々民主党が強かった地域。ここがトランプ支持に変わった。労働者が民主党ではなく、共和党のトランプ支持に回ったということである。
 著者はこの地域に、大統領選の1年前、201512月から通ったという。首都ワシントン、あるいはニューヨークやロサンゼルスなど沿岸都市では本当のアメリカは見えない、という思いからである。そこで見聞きしたものを、ルポにまとめた。
 まず見えてくるのは、グローバリズムに打ちのめされたミドルクラスの姿である。収入は下がり、職を求めて若者が出ていくのが当たり前になった田舎町。そんな中で、中年白人の死亡率が上がっているとういう論文がメディアで紹介された。背景にあるのは自殺や薬物乱用。借金をしながら大学を出て、フェンス工場で働くロニー(38)は、「dead-end job」(成長の見込みのない仕事)だとつぶやく。そして、「トランプにやらせてみたい。何ができるか。この地域には変化が必要だから」という。
 ある逸話が、記憶に残る。
 クリントンが演説で、トランプ支持者の半数は人種差別や男女差別主義者など「deplorable」な人たちと呼んだ。嘆かわしい、惨めなという意味のようだ。弁護士、大統領夫人、上院議員、国務長官と人もうらやむキャリアを重ね、長年、中央政界にいて高額の講演料をもらうクリントンには言われたくない。そんな憤りに、この言葉は火をつけた。しかも、マンハッタンでの資金集めパーティーで出た言葉だから、なおさらだ。トランプ支持者たちは「私はみじめ」と書いたTシャツを着て、こんなクリントンは支持したくない、という。
 「私は惨め」という思いはリベラル嫌いにも通じ、アメリカン・ドリームは死んだという思いにもつながっていく。事実、1980年代生まれで、階層間での上昇率(親よりも所得が増えた層の率)は、ラストベルトで低いというデータがあるという。
 こうした閉塞的な状況の中でトランプが掲げた標的は二つ。一つは自由貿易、もう一つは移民。これがミドルクラスから脱落しかかった多くの人々の心情に響いた。独自の資金力を持つトランプが言えば、しがらみがないからやってくれると思った。
 しかし、著者も触れているように、多様性の尊重や言論の自由、機会均等といったアメリカの原点を認めない権力者の手でアメリカはどこへ行くか。事実を軽視し偏見と差別を振りまく権力者は、どう見てもアメリカには似合わない。懸念は広がるばかりである。
    ◇
 グローバリズムの発信源は、元々アメリカである。国境の内側に収まらない規模に発達した企業が未知の領域を求めて世界を傘下に収めていった、それがグローバリズムの歴史だった。その最も醜悪な形である「惨事便乗型資本主義」の理論を唱えたフリードマンの信奉者には米英ロ中の指導者、IMF、FRBのトップまで連なる(ナオミ・クライン著「ショック・ドクトリン」)。多国籍企業によって途上国民とアメリカの中間層が天秤にかけられた結果、グローバリズムの波は皮肉にも、アメリカ経済の根幹ともいえる部分をいまや崩壊させているのだ。著者は朝日新聞ニューヨーク特派員。(岩波新書、860円)


ルポ トランプ王国――もう一つのアメリカを行く (岩波新書)

ルポ トランプ王国――もう一つのアメリカを行く (岩波新書)

  • 作者: 金成 隆一
  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • 発売日: 2017/02/04
  • メディア: 新書


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。