So-net無料ブログ作成

都市こそが事件の引き金を引いた~濫読日記 [濫読日記]

都市こそが事件の引き金を引いた~濫読日記

 

「まなざしの地獄 尽きなく生きることの社会学」(見田宗介著)

 

 「永山則夫 封印された鑑定記録」(堀川惠子著、岩波書店)に以下のような記述がある。

 「〝連続射殺魔〟は、あらゆる人間関係の磁場からはじき出され、孤立していた。少なくとも逮捕されるその日まで、彼にまなざしを注いだ人間は誰もいない。(略)彼は、どこにいなかった。いることができなかったからこそ、事件は起きた」。

 北海道で極貧生活を送り、東京に出て集団就職し、夢破れて犯罪に走る。永山に対する判決は、「貧困と無知による凶悪犯罪」として一審死刑、二審無期、最高裁差し戻し(死刑)という経過をたどった。堀川は永山の生い立ちに寄り添い、過酷な幼少期の生活がどんな影響を与えたかを、彼自身への100時間に及ぶ聞き取りテープを再現する中で探求した。これはこれで力技である。永山が、家郷と都市によって二重にはじき出されたことが明らかにされた。

 永山が事件を起こした196869年から数年後の1973年に雑誌「展望」に掲載された見田の「まなざしの地獄」は、疎外と無関心の果ての連続殺人という事件の文脈を、堀川のように永山(見田はN・Nと表記、以下これに従う)の側(あるいはN・Nの内面の側)からではなく、都市の側からとらえ直した。

 例えば、こういうことだ。

 N・Nは、北海道から東京へ「金の卵」として流入する。高度経済成長期の日本が若年労働者を求めたためだ。ちなみにN・Nが上京した1965年の全国の中学卒業者に対する求人倍率は3.72だった。しかし、ここで使われた「金の卵」とは、都会に流入した若者の「実存」に対する形容詞ではなく、中小企業の経営者たちが彼らに向けた「まなざし」だった。

 N・Nは最初の職場で「熱心な若者」だったという。貧困にまみれた家郷への嫌悪が都会へと向かわせ、そこに自己解放の夢を託したのであろう。しかし、雇い主にとってそれは不要であるばかりか腹立たしいものだった。家畜のように黙って働いてくれればよかったのだ。こうしてN・Nは上京から6カ月、フルーツパーラーを些細な理由でやめていく。それは、都会との関係の希薄さを表すと同時に、自己の内面と他者との了解の困難さをも表していた。

 このことはしかし、N・Nに自由をではなく、呪縛をもたらした。見田の表現を使えば「都市の他者たちのまなざしの囚人(とらわれびと)であった」。見田は、堀川が言うように「まなざしの欠如」がN・Nを犯行に走らせたのではなく、都市の「まなざし」こそがN・Nの内面に重圧を与え変形させたのだという。

 ここでいう「まなざし」とは何か。N・Nが幼いころ顔に負った傷、戸籍の出身地が網走であること、そして貧困…。N・Nはそのことへの他者へのまなざしにとらわれる。身の周りのものへの高級品志向、「進学」への執念。それらは、求めれば求めるほど「地獄」となってのしかかる。見田が指摘するように、都会の金持ちの息子たちは無造作な格好で、N・Nは背広にネクタイというばりっとした格好で銀座を歩く。貧乏くさいのはN・Nの方なのである。

 見田はここで、サルトルによる「ボヘミヤで栄えた商売」のエピソードを紹介する。とらえた子供の頭蓋骨を圧縮し昼夜箱の中に閉じ込めて成長を妨げ、怪物を作り上げた、という商売のことである。

 N・Nの起こした事件は、一つの極端な事例である。しかし、ここで「まなざし」という装置を使うことで見田は見事にある時代の都市の普遍的な姿を浮かび上がらせた。

 では、今の時代にこの「まなざし」は、個人にどのように作用しているのであろうか。ここで私たちの記憶の底から立ち上がるのは14歳少年によって起こされた神戸の連続殺傷事件(1997年)である。彼は犯行声明の中で自らを「透明な存在」といった。都市のまなざしにとらえられない存在と自己規定したのである。彼にとってはそのことが地獄であり、それゆえに彼は「透明な存在」から脱すべく犯行に走ったと思われる。このことは、この著書の解説で大澤真行も触れている。N・Nの事件から30年近くを経て、「まなざしの地獄」は「まなざしの不在の地獄」へと陰画のように反転したのである。

 河出書房新社、1200円=税別。

まなざしの地獄

まなざしの地獄

  • 作者: 見田 宗介
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2008/11/07
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0