So-net無料ブログ作成

夏の夜のスリラー~映画「帰ってきたヒトラー」 [映画時評]

夏の夜のスリラー~映画「帰ってきたヒトラー」

 

 「アドルフ」はもともと、日本でいえば「太郎」や「二郎」といった平凡な、どこにでもある名前だったらしい。しかし、戦後ドイツで我が子にこの名前を付ける親はいないという。ヒトラーは戦後ドイツの最大のタブーになったのである。しかし、そのタブーを正面から笑い飛ばす映画が登場した。

 ヒトラーは1945年、ベルリンの総統府地下壕で愛人とともに銃で頭を撃ち自殺した。この経緯は「ヒトラー最期の12日間」(2004年、ドイツ・イタリア・オーストリア)が、過不足なく描いている。ところが、この「帰ってきたー」では、ヒトラーが2014年のドイツにタイムスリップする。もちろんありえないことで荒唐無稽といってしまえばそれまでだが、とりあえずそのことは言わない。

 戦後ドイツ社会をさまようヒトラー(オリバー・マスッチ)は、まず「そっくりさん」として扱われ、あるテレビ番組に出演する。「今の時代こそ責任ある指導者と変革が必要なのだ」と堂々たる演説で、これがバカ受けする。現代ドイツの状況にピタリとはまっているからだ。一躍、テレビの人気者になったヒトラーはある撮影で、吠える犬に怒り即座に射殺する。どういう経路でか、このシーンが放映されてしまい、ヒトラー人気は急降下。おかげで時間が生まれたヒトラーは「我が闘争」に続く著作の執筆にかかる。インターネッツ(ドイツ風に)の存在を知ったヒトラーは、この上ない政治宣伝の道具であることに気づき、アジテーションを始める。そして、映画化の話が進む。あるシーンで「ヒトラーは怪物だ」と非難されても余裕しゃくしゃく、「選んだのは誰だ、普通の市民だ」「私は大衆ともにある」と答える―。

 戦後ドイツは、ヒトラーが不在であるからこそ「戦後ドイツ」たりえた。しかし、ここにヒトラーが据えられたとき、戦後は「戦後」たりうるのか。ひょっとして現代はヒトラーの時代そのものではないのか。そんな問いが投げかけられ、難民が押し寄せて排外主義が高まる現代ドイツの政治状況が映し出される。

 と、ここまできて、コメディータッチのこの映画は、実は現代のスリラーであることに気づかされる。猛暑の夏、涼みたい方はどうぞ、というわけだ。それとともに、強権政治と復古主義が不気味な高まりを見せる日本の政治状況にも通じることに気づかされる。2015年、ドイツ。強靭なエスプリがきいた映画だ。

ヒトラー.jpg


なぜ被爆者は米国に原爆投下責任を問わないか~濫読日記 [濫読日記]

なぜ被爆者は米国に原爆投下責任を問わないか~濫読日記


「現代思想」〈広島〉の思想―いくつもの戦後史

広島の.jpg 戦後71年、原爆が投下された広島も今や廃墟の跡はなく、復興は成し遂げられたかに見える。しかし、そこに〈広島〉の思想は確立されたのだろうか。そうした問題意識のもとに編集されたのが「現代思想」8月号である。代表的なものとして姜尚中が「ヒロシマ、絶対矛盾の中に佇む十字架」、白井聡が「福島以降の広島」、森達也が「自発的プロパガンダの連鎖を断って」を寄せている。
 ここでの出色は、白井の文章である。5月27日のオバマ大統領広島訪問を取り上げた。しかし彼は、世上でいわれるオバマの行動でなく、迎える側の悲惨について述べている。オバマについては、謝罪がなかったこと、抽象的であいまいな演説…とさまざまな見方がある。もちろん、原爆投下国の政治的指導者が71年前のきのこ雲の下に立ったことの歴史的意味を指摘する向きもある。白井はそうではなく、迎える側に「問題の核心」があったという。それは何か。白井の言葉を引用する。
 ――日米両国民の真の和解と核兵器の廃絶という人類的次元の目標に向かうという演説の内容がはらむ極度の厳粛さと、その瞬間を準備した日本側の意図(=選挙対策)の低劣さとの間に口を開けた深淵である。
 原爆の犠牲になった多くの人たち、そして後遺症に苦しむ人たちの悲願は、実はこの時の政権が仕組んだセレモニーによって踏みにじられたのであるが、メディアでそうした視点を提示したものは皆無であった。そして、このような「低劣」な政権を選んだのも我々であり、我々自身が歴史に泥を塗りたくったのだが、そうした指摘はほとんどなかった。
 白井はそのうえで、福島原発事故以降、原発は「潜在的核武装能力の涵養」のためであることが白日の下にさらされ、その結果、「ノーモア・ヒロシマ・ナガサキ」は空疎な標語となったとする。それは、戦後日本がつくってきた反戦平和ヒューマニズムの空疎さにつながるという。
 ここから白井の分析は、さらに辛辣を極める。
 まず白井は、オバマ広島訪問をもって原爆をめぐる歴史のサイクルはいったん閉じたのだ、という。歴史的に崇高であるべき瞬間はただの茶番に終わった。そうさせたものは戦後日本が放つ腐臭によってであった。そうであるなら、「ヒロシマ・ナガサキ」とは何であったか、一から考え直さなくてはいけないのだ。
 「ヒロシマ・ナガサキ」とカタカナ表記するとき、私たちはそこに世界的な普遍性があると思いこんでいた。言い換えれば、私たちはそこで「世界」を獲得できるという、白井が言う「勝者の心理」の上に立っていた。そして、あまりに多くの犠牲を払ったことに対して、どう折り合いがつけられるかが問われていった。それが被爆者=特別な犠牲者という「癒し」の心理を生み、「唯一の被爆国」という被爆ナショナリズムに結び付いたと白井は指摘する。戦後、「唯一の」は「万邦無比」の響きを持ち、「万邦無比の国体」は核兵器の破壊力によって威光を増したのである。
 こうして、敗戦否認の上に成り立つ戦後日本(の平和思想)に無意識的に依拠してきた「ヒロシマ・ナガサキの平和思想」は、日米の共犯関係を形成し、それは527日にも再演された。
 オバマ広島訪問の後、被爆者団体への調査でも、一般の世論調査でも、「評価」する声が多数を占めた。これはそのまま鵜呑みするのではなく、被爆者思想(これもまた戦後日本によってつくられたもので、アプリオリに存在するものではない)自体が、対米追従(したがって原爆投下国に謝罪を求めることはない)の構造をもっていたことを表している。
 なお、この号では直野章子・九州大准教授が「被爆者という主体性と米国に謝罪を求めないということの間」という文章を寄せているが、大筋において白井と同意見だと思う。彼女は、例えばこういう言い方をしている。
 ――「被爆ナショナリズム」なくして「反原爆と平和」を訴える被爆者という主体性が形作られることはなかった。(略)「核の普遍主義」と「被爆ナショナリズム」を接合する言説実践を通して形成された主体性であるならば、被爆者が米国の原爆投下責任を追及して謝罪を要求することは、言説の構造上、極めて困難であるということになる。

青土社、1300円(税別)。

現代思想 2016年8月号 特集=〈広島〉の思想 -いくつもの戦後-

現代思想 2016年8月号 特集=〈広島〉の思想 -いくつもの戦後-

  • 作者: 姜尚中
  • 出版社/メーカー: 青土社
  • 発売日: 2016/07/27
  • メディア: ムック

山岳映画と期待しないほうがいい~「ヒマラヤ~地上8000㍍の絆~」 [映画時評]

山岳映画と期待しないほうがいい~


「ヒマラヤ~地上8000㍍の絆~」

 韓国が作った本格的な山岳映画、という触れ込みで、期待して観たが…。うーむ。これは山岳映画なのか。少し違うような。

 8000㍍峰14座を世界で9番目に登った韓国の登山家、オム・ホンギルの実体験を映画化したといわれる。14座登頂を機に、登山家としては引退したホンギル(ファン・ジョンミン)は、ヒマラヤ4座を共にした後輩パク・ムテウ(チョン・ウ)ら3人がエベレストで遭難したとの報を受ける。そこは標高8750㍍、遺体回収など考えられない過酷な場所である。それでもホンギルはかつての仲間に呼びかけ、ムテウを山から降ろそうとする。かつての仲間は二の足を踏む。生活を捨て、死を覚悟して何の名誉にもならない遺体回収に加わるなどということは、考えられないのだ。ホンギルはやむなく単独で乗り込むことを決意する…。

 しかし、一人、二人と仲間が集まり、遭難したムテウらを除く全員がそろった。生活も名誉も捨てて、かつての仲間を山から降ろすためだけに、集まったのだ。そして、エベレストへの過酷な旅が始まる…。

 日本で山岳映画といえば、アルピニズムをめぐる論争やら個人と組織の軋轢やら、ついでにロマンが絡んで最後は自然賛美、というパターン(この部分、クラシカルモデルは井上靖「氷壁」)だが、そういったものはいっさいない。ただベタに人間関係が描かれる。日本と韓国の国民性の違い、ということなのだろうか。

 山岳シーンは風景、演出ともに、こういっては何だがチャチである。例えば8000㍍を超す地点でみんな酸素マスクもせず敏捷に動き、絶叫する。もともと名誉を求めた登山ではないので、初めから酸素マスクをつければいいのだが、みんなそんなことはしない。が、動きは精力的である。この辺の描写が嘘っぽい雰囲気を醸す(あとで気づいたが、酸素マスクをすると誰が誰か分からなくなることを懸念したのだろうか。それならそれで何か工夫のしようがありそうな)。

 終わってみれば山はそっちのけでひたすら熱い人間ドラマ。同じストーリーでも、おそらく日本ではこうは作らないだろうなあ、と嘆息した。

ヒマラヤ2.jpg


安倍政治はどこから来たか~濫読日記 [濫読日記]

安倍政治はどこから来たか~濫読日記


「偽りの保守・安倍晋三の正体」(対談 岸井成格・佐高信)

岸井・佐高.jpg 知られたことだが、岸井と佐高は慶応大法学部の同期生である。一方は保守本流を取材してきた毎日新聞の政治記者、一方は反骨・在野の評論家である。この二人が、安倍政権のいびつさと背後にある保守政治の変容ぶりを語った。
 佐高は「はじめに」で、戦後自民党の系譜を「国権派」と「民権派」の二つの流れに分類する。前者は岸信介、福田赳夫、小泉純一郎、安倍晋三、後者は石橋湛山、池田勇人、河野洋平、加藤紘一の流れである。色分けの基準は国ありきか民ありきかで、佐高は当然のこととして民権派に近い考えを示すが、岸井は必ずしもこれに同調していない。最も大きな要因は田中角栄に対する評価であろう。言い換えれば、「ダーティーなハト派」を認めるかどうか。この点について、佐高はこういう言い方をしている。「金で済む話なら、それはまだ見逃せる(略)。思想の統制や戦争への道につながっているわけではない」。これに岸井は「私はうなずかないけれど」と応じている。
 佐高が、とりあえず戦争やファシズムへと導く政治家でない限り、まだ評価できる、とするのに対して岸井は、金権政治そのものはやはり批判すべきだといっている。ただ、岸井もまた、政治家育成塾としての派閥の効用は認めている。
 全体の骨格をみると、冒頭に「安倍政権のメディア支配」を置き、続いて「自民党と創価学会」の関係を分析、さらに外交・安保にみる保守の知恵をこれまでの足取りからたどり、田中角栄論、吉田茂論、派閥の功罪と、オーソドックスと思える展開だ。最後に「安倍独裁」の正体を浮き彫りにする。安倍政権とメディアの構図から議論に入ったのは「NEWS23」のアンカーだった岸井が一部勢力から批判を浴び、降板に至った経緯を念頭に置いたからであろう。
 これらのうち、「自民と創価学会」は佐高の関心の赴くところでもあり、深く突っ込んでいる。まず佐高が、公明を抱き込んだ者が自民を支配するという構図を野中広務、菅義偉を例に挙げて明らかにする。そのうえで宏池会、清和会、経世会という三極構造の中での調整役・経世会の分裂が保守本流の混乱を招いたとする。保利茂、椎名悦三郎に見られた保守本流の絶妙なバランス感覚がなくなったというのである。これに加えて、自社さ政権で村山富市首相退陣を受けて政権を目指さなかった河野洋平、反乱の腰砕けというオウンゴールをした加藤紘一といったリベラル派の「弱さ」もまた大きいという。こうしたことが重なって今日の安倍政権の懐浅く強権的な政治体制が出現したということであろう。
 もちろん、中選挙区から小選挙区へという選挙制度の変化も見逃せない。「派閥の弊害」解消を狙った改革が、制度的に党内一極の独裁体制とポピュリズムの政治風土を呼んだのである。
 岸井が、野中と菅の政治手法の比較論を述べているのがとても面白い。情の野中に対するカネと合理主義の菅という構図である。おそらくこの部分は、かつての保守政治と現在の安倍政治の違いを解明し、安倍政治の根底的批判の糸口になると思われる。


「偽りの保守・安倍晋三の正体」は講談社α新書、800円(税別)。初版第1刷は2016620日。


偽りの保守・安倍晋三の正体 (講談社+α新書)

偽りの保守・安倍晋三の正体 (講談社+α新書)

  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2016/06/20
  • メディア: Kindle版

原子力ムラとメディアの醜悪な構図~濫読日記 [濫読日記]

原子力ムラとメディアの醜悪な構図~濫読日記


「原発プロパガンダ」(本間龍著)

原発プロパガンダ.jpg 2011年3月11日直後のことを、鮮明に覚えている。虚を突かれた思いだった。原発は事故を起こさないと、漠然と無邪気に信じてしまっていた。そこで事故後、まず取ったのは書店で原発関連の書籍を買い求めることだった。1970年代から80年代にかけて、多少は原発について考えていた。しかし、そうした思考は途切れていた。それは私だけのことではなかったようだ。さんざん探したが、「原子力白書」の類いを除けば、原発に関する書籍はほとんどなかった。
 知らぬ間に「原発は事故を起こさない」という根拠のない「常識」が意識の底に埋め込まれていた。その後、洪水のように「原発」をめぐる著作が出て、安全神話が粉々に打ち砕かれたことはいうまでもない。その中で、安全神話はメディアの「意見広告」と、安全性に無批判な報道によって形成されたことが白日の下にさらされた。しかし、こうした事態を招いたメディアの側の「反省」は「原発とメディア」(朝日新聞社、2巻)を除けば見られなかった。「原発と―」で、著者の上丸洋一は「原子力は『満州国』に似ている」と書いている。「満蒙は日本の生命線」という根拠のない前提が一人歩きし、「満州国」というフィクションがメディアによって広められた。同じように原発なくして日本のエネルギーは成り立たないという根拠のない前提のもとに、原発の平和利用というフィクションが、メディアによって広められたのである。
 ただ、手法は戦前と大きく違っていた。タレントをはじめとする有名人を使い、一般記事のような体裁の意見広告が、高額のカネをメディアに支払う形で掲載された。その中で、原発の安全性が臆面もなく語られた。
 「原発プロパガンダ」は、その意見広告の足跡をたどった。驚かされるのは、40年間で普及開発関係費(広告費)2兆4000億円という事実である。年平均でならすと、トヨタやソニーの年500億円を上回る。原子力ムラはこれだけの巨額のカネをつぎ込み、原子力は安全と言いふらし、国民を洗脳した。電力会社はエリアごとの一社独占体制だから、本来は「広告」は必要ない。そうした中でこれだけのムダ金(原資は電力料金である)を費やし、国民を洗脳しフィクションの形成に努めてきた。こうした性格上、いくつかあった原発の危機(たとえばスリーマイル島事故やチェルノブイリ事故)に際しては、直後の「普及開発関係費」は飛躍的にアップした。ここが一般の広告とは違う。自粛ではなく洗脳が優先された。例えば、チェルノブイリ事故はソ連の体制に由来するもので、日本では起こりえない…。
 掲載すれば巨額の収入が保証される「意見広告」は、メディアにとっても捨てがたいものになった。いつしか、不可欠の財源となった。裏を返せば、平時には「賄賂」であり、非常時には、広告の引き上げをちらつかせながら行われる「恫喝」の道具と化す。これは、全国紙よりも地方紙にとって有効な手段とされた。地域へのシェア率が高いこと、財政規模が小さく「賄賂」効果が高いこと…。原発銀座が出現した福島や福井の地方紙に照準が合わされた。その結果、一般記事までもが原発批判を控えるようになる。もちろん、テレビ局も同様だった。
 広島テレビは1992年、プルトニウム利用を追った「プルトニウム元年・ヒロシマから~日本が核大国になる…!?」を制作。「『地方の時代』映像祭大賞」などを受賞した。ところが中国電力と電事連が執拗に抗議、他番組で中電がスポンサーを降りるという事態になると、テレビ局は番組を制作した4人を営業に配置換えする措置を取った。もちろん、原発ムラによる醜悪な工作ぶりを暴いた一部地方紙の頑張りがないではない。しかし、極めて少数だった。原発の40年の全体を通してみれば、カネにつられた人々、カネに屈してプライドを捨てたメディアという吐き気を催すような構図が見える。
 では、福島以後、こうした宣伝工作はなくなったのだろうか。さすがに「安全」「クリーン」は姿を消したものの、「ベースロード電源」「経済的に割安」「ベストミックスを」という三本柱によるプロパガンダは復活しつつある。懲りない原子力ムラの面々である。
 岩波新書、820円。初版第1刷は2016年4月20日。著者は1962年生まれ。博報堂で18年間、営業を担当。

原発プロパガンダ (岩波新書)

原発プロパガンダ (岩波新書)

  • 作者: 本間 龍
  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • 発売日: 2016/04/21
  • メディア: 新書


米国「赤狩り」の時代描く~映画「トランボ ハリウッドに最も嫌われた男」 [映画時評]

米国「赤狩り」の時代描く~

映画「トランボ ハリウッドに最も嫌われた男」


 オードリー・ヘプバーンが主演したウィリアム・ワイラー監督「ローマの休日」(1953年)の脚本はイアン・マクレラン・ハンターが書いたことになっていた。事実、アカデミー脚本賞は彼に与えられた。しかし、後年になってオスカーは、別の人物に与えられた。彼の名はドルトン・トランボ。イアン・マクレラン・ハンターとは知人関係にあった。実は、トランボが書いた脚本が、ハンターが書いたものとして映画化されたのであった。なぜこういうことになったのか。映画は、そのいきさつを細かく追っている。

 第二次大戦は、ファシズム対反ファシズムの戦いだった。戦争が終わると、世界の対立軸は自由主義対社会主義へと移った。自由主義の世界的リーダーを自認する米国内では、国内の共産主義を摘発する動きが強まった。いわゆる「赤狩り」である。ウィスコンシン州選出の上院議員ジョセフ・レイモンド・マッカーシーが反共の急先鋒として登場すると、その動きは加速する。マッカーシー旋風が全米で吹き荒れたのである。第一次大戦末期からあった下院非米活動委員会が「赤狩り」の主要な舞台となった。標的は政治の分野にとどまらなかった。映画や演劇を担う人たちも「ブラックリスト」に載せられた。要注意とされた人たちは「ハリウッドテン」と呼ばれた。共産党員だったトランボもその一人だった。

 トランボ(ブライアン・クランストン)は1947年、議会での証言を拒否、刑務所に送られる。出所後も、全米的な反共のあらしの中で、本名による脚本執筆は不可能になった。生きるため、別の名前で脚本を発表することにした。その中で、知人の名で公表したのが「ローマの休日」だった。

 1950年代のハリウッドの俳優たちも登場する。反共のプロパガンダとしてのジョン・ウェイン(デビッド・ジェイムス・エリオット)、非米活動委員会で困惑した表情を見せるハンフリー・ボガードやローレン・バコールもちらりと登場する。ちなみに、ローレン・バコールの自伝「私一人」を読むと「非米活動委員会」で一章を立て「ハリウッドを襲った恐怖はあなた方には想像できないでしょう」と書いた「デイリー・ニューズ」紙への一文を紹介している。

 妻のクレオ・トランボ(ダイアン・レイン)らとともに潜行生活を送っていたトランボに味方が現れる。俳優のカーク・ダグラス(ディーン・オゴーマン)。彼は、ローマ帝国での奴隷の反乱を描いた「スパルタカス」の脚本を依頼する。監督のオットー・プレミンジャー(クリスチャン・ベルケル)。彼はイスラエル建国を描いた「栄光への脱出」の脚本を依頼する…。こうして追放から13年、彼の名はスクリーンに刻まれた。「ローマの休日」でのアカデミー脚本賞は1993年にあらためて贈られた。

 あのアメリカでさえ、こうした時代があったのである。トランボという強靭でしたたかな精神の持ち主を描きながら、一方で「集団化」が呼び起こす恐怖を描いた映画。それが「トランボ ハリウッドに最も嫌われた男」である。なお、トランボには生涯唯一の監督作品として「ジョニーは戦場へ行った」がある。ベトナム戦争中の1971年に作られた。

トランボ.jpg