So-net無料ブログ作成

棺を覆いて~映画「blank13」 [映画時評]

棺を覆いて~映画「blank13

 

 中国の言葉に「棺を覆いて事定まる」というのがある。文芸評論家小林秀雄なども引いていた。生きている人間にはしがらみや感情がまとわり、なかなか本当の姿は見えないものだが、死んでしまえばそうした一切が消え、その人間の本当の価値が分かるという。 「blank13」も、そうした感慨がわく作品だった。もっとも、小林の場合は歴史上の人物を分析する上でのマクラに使ったが、この映画に登場するのは市井のしがない、というよりもむしろろくでなしの男である。

 13年前、稼ぎのない父・松田雅人(リリー・フランキー)は借金だけを残して失踪する。残された母・洋子(神野三鈴)と二人の息子は必死で貧困と闘う。母は体を壊しかけるが、やがて息子たちは社会に巣立つ。そんなおり、胃がんで余命3カ月と告げられた父の消息が飛び込んでくる。母と兄・ヨシユキ(斎藤工)は会うことを拒絶するが、幼いころ父とキャッチボールをした思い出を持つ弟・コウジ(高橋一生)は恋人・西田サオリ(松岡茉優)と、病床を訪れる。やがて父は他界し、葬儀には見知らぬ人たちが訪れ、父の空白の13年間を語り始める…。

 そこには、家族の知らない父の姿があった。しかし、父に見捨てられた家族の心象は複雑である。切ない家族の風景。

 ギャンブル狂いのどうしようもない男をやらせても、リリー・フランキーはさまになり、実在感がある。映像も丹念に撮られ、好感が持てる。監督の齊藤工(俳優の場合とは姓を変えている)の情熱が伝わる。ただ、冒頭の「火葬」に関するくだりはくどい。葬儀シーンはセリフ回しで見せようとしているが、映像が優先する方がよかった。でないと観念が先だった作品に見えてしまうからだ。

 齊藤の映画愛と独特の感性は伝わる作品だった。


blank.jpg

nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。